yut*a*bon!

yutakonの石けん製作記。
進め!石けん道。Let's guruguru!!

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< #021Mellow Pink&Green | TOP | #023 USAGI >>

2011.07.29 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2008.08.12 Tuesday

木製モールド<めろ〜んへの道>その後(追記あり)

先日4種類の紙を使ってめろ〜ん試しをやってみました。
半分だけめろってあとはしばらく置いておきました。
ブランドものの紙が自然にめくれてきていました。
ああ!自然にめくれてしまっては
めろ〜ん!の醍醐味がなくなるってことで
残り半分もめろってみました。

mero4
<底の部分>
シリコーンペーパー系はジェル化してます。
左下:コピー用紙はジェル化していません。

切ってみました。

mero2
<切り分け>
左上:白色ペーパー 右上:ブランドペーパー
左下:茶色ペーパー 右下:コピー用紙

内部もシリコーンペーパー系は同様にジェル化しています。
はっきり言って見分けがつきません。
コピー用紙はしましま状にジェル化部分もありますが
全体的にマットです。
同じ条件で保温していたのにタネの温度には差があった様子。
コピー用紙は放熱するのかシリコーンペーパーが熱を逃さないのか?

**********************************************************
yururinさんが木型でコピー用紙を使ってみたところ
こんな風に・・・(yururinさんの石けん)
水分量・湿度・気温・髪質なども関係しているかもしれません。
自分が試した時はちょっと引っかかる程度でしたが
条件によってはくっついちゃうかもしれません。


2011.07.29 Friday

スポンサーサイト


11:48 | - | - | - | pookmark |

コメント

<切り分け>に「左下:茶色ペーパー 左下:コピー用紙」ってなってるけど
きっと「右下:コピー用紙」だよね(笑
コピー用紙も結構良いねー。試そうかな。
ジェル化させたくないデザインの時とか、夏場だったら使えるかも?
ちょっとピンクが可愛い♪
いやー面白かったわ〜。次何するの?うふふ、楽しみだ。
無水エタノール買ったって言ってなかったっけ?
透明やってよ〜。透明。私やりたいけど、他にもいっぱいあって
まだ作るの先になりそうなんよね〜。めんどくさそうだけどさ。
んで、やり方教えてぇ(笑
2008/08/04 10:57 AM by はなこ
>はなちゃん
ほんとや〜
誤字直しました。ありがとーう。

>透明やってよ〜。透明。

ギクリ。
なぜ分かる!?
HATAYAさんも夏だから・・・って作ってましたよね。

夏だから試せることやりたいわ。
ジェル化石けんやって
「透き通ってる!!じゃあ透明石けんだったらどうなるの?」
って思ってたのがバレた?
2008/08/04 12:18 PM by yutakon
むふふ。なんとなく。
yutakon実験ソープ好きそうだし、無水買ってたし、HATAYAさんやってるし(笑
次はロジンとか(笑
ここ見た〜?
http://www.orange-flower.jp/r_soap/r_soap_g.html
わかりやすくね?
私もやりたいんだよねー透明って興味あるわ。
石鹸作り出してから、ずーっとやりたいなぁって思ってたの。
教えてね。配合とか温度とか詳しく。
2008/08/04 2:52 PM by はなこ
>はなちゃん
自分も検索で詳しく説明しているHP見つけたんだ。
応用編ぽいので
持ってる本のレシピでやってみようかな。
↑のHPではその持ってる本(2冊とも)のレシピは
失敗しやすいって書いてある(泣)

あとグリセリンとグラニュー糖買わないとね。
2008/08/04 5:00 PM by yutakon
ちょっと目を離したら
更新されてるし。

コピー用紙、いいねー。
こんな白がほしいのよ。
例の茶油、ブランド白でやったら
見事ジェル、はなちゃんと同じような色なっちゃったじょ。
あぁ、コピー用紙でやりゃよかった。

透明いっちゃうの!
あれは、前田さんの本で見ただけで無理って思った。
大変そう。

でも透明石けんのコンフェには憧れるんだけど。
あと使い心地も気になるところ。

がんばれ〜。


2008/08/06 12:54 PM by yururin

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://yutakon.jugem.jp/trackback/37

トラックバック

▲top